実績や評判を調べてから施術の申し込みをしよう

注射で顔を小さくしよう

エステティシャン

注射一本で小さな顔を実現させる方法

周りの方と比べて自身の顔が大きいと感じたとき、美容整形を使って、どうにかして小さくしたいと考える方もいるでしょう。しかし、皮膚を切ったり骨を削ったりする大規模な手術を受けるとなると、いろいろと不安を感じて躊躇してしまうかもしれません。確かに、どのようになるか予想するのも難しいですし、治るまでの期間も長くなるので、ハードルが低い施術だとはとてもいえません。しかも、かなりの費用がかかることになるため、決心したとしても、お金の面で断念することになる方も多いでしょう。もしも、大規模な手術なしで小顔になりたいのなら、ボトックスをエラに注入してもらうことを選びましょう。注射を使って行う気軽な施術なのに、大きな効果をもたらしてくれるので満足できるはずです。なお、小顔にするためにはボトックス注射を両方のエラに行わなければいけないのですが、15分もかからない施術なのでまったく苦労をすることはありません。もちろん、細い針を皮膚に刺すだけなので、治るまでの期間を考える必要もないです。ちなみに、エラに行うボトックス注射の費用は10万円程度になるため、皮膚を切ったり骨を削ったりするよりもずっと安く、経済面でもそれほど負担にはならないでしょう。

顔を小さくするために、皮膚を切ったり骨を削ったりしなければならないと考えていたのなら、『注射一本で小顔になるわけはない』と効果を疑うかもしれません。確かに、ボトックス注射で骨を溶かして物理的に小さくできるわけはないので、疑っても当然でしょう。しかし、ボトックス注射は骨に効果があるのではなく、エラの筋肉に効果があるのです。エラは食べ物を噛むために必要な筋肉が多いため、そこが発達していると顔の輪郭が膨らんで大きく見えてしまいます。そのエラの部分にボトックスを打つことで、発達した筋肉を緩ませることができます。筋肉が緩めば、その分だけ輪郭が小さくなるため、憧れだった小顔をしっかりと実現できるのです。ちなみに、ボトックスの効果は三ヶ月から六ヶ月程度で切れるようになっています。つまり、小顔をずっと維持したいと考えるのならば、半年から一回は美容外科クリニックを訪れて施術をしてもらったほうがよいです。面倒だと感じるかもしれませんが、美容院よりもずっと短い時間で終わるので、考えているよりも気軽に利用できます。ただし、遠方の美容外科クリニックで施術を受けてしまうと、定期的に通うのが大変になってしまう可能性があるため気をつけましょう。