実績や評判を調べてから施術の申し込みをしよう

メスを使わず理想の輪郭に

注射器

短時間の施術で悩みを解消

美容外科ではさまざまな悩みに応じていますが、顔の大きさの悩みで訪れる人も少なくありません。美容医療を利用すれば短期間で理想のフェイスラインを得られることが期待できますが、顔が大きくなる原因は人それぞれ違いがありますのでその原因に応じた治療を選ぶことが大切です。まずは診察を受け、顔が大きく見えている原因を調べてもらいましょう。脂肪が多くついている場合はそれを取り除くことで小顔になることが期待できます。この場合は脂肪吸引や脂肪溶解注射が向いています。たるみが進んで顔が大きく見えている場合はリフトアップも考えていきます。エラが目立つ場合は骨を削る治療が必要ではないかと考える人もあるかもしれません。エラは骨格が原因で目立つ場合もありますが、実は筋肉の発達が原因であることもあります。このような場合であればボトックスで手軽に小顔に導くこともできます。ボトックスはシワの改善で有名な治療ですが、筋肉の働きを抑えるのでエラ部分の筋肉を細くする効果が得られます。体に負担が少なく、すっきりとした小顔になれることで人気の高い治療です。ボトックスの効果は急激に出るものではなく、時間をかけて少しずつ現れてきますので急激に顔が変化する心配もありません。

ボトックスによる小顔治療は体への負担も少なく、ダウンタイムの心配もほとんどありません。とはいえ、やはり当日は多少の腫れや赤みもありますので、できるだけ安静に過ごしておきましょう。施術箇所が気になるからと過剰に触ることも避けます。施術後すぐに患部を触ってしまうと薬剤が他の部位に広がってしまう可能性もありますので注意が必要です。クレンジングや洗顔の際も力を入れ過ぎずに優しく行いましょう。ボトックスによる小顔注射は咬筋に作用しますので、一時的に噛む力が弱く感じることもありますが、食事に影響が出る心配はほとんどないとされています。治療後数日は違和感を覚える可能性もありますので、固い食べ物などは控えておくほうが無難です。会話の際は特に困ることはありません。永久的な効果ではありませんので、数ヶ月程度で元の状態に戻るとされています。それゆえ、美容整形が初心者の人にも比較的安心できる治療です。効果が切れると治療を繰り返すことになりますが、続けていくうちに筋肉が細くなり、効果もより長期に持続できるとされています。安全性の高い治療ですが、妊娠中や授乳中は行うことはできません。妊娠中でない場合も、健康に不安のある人は医師に相談しておきましょう。